Compilation Album "Play for Japan"

JUGEMテーマ:音楽


東日本大地震救済支援コンピ新シリーズ



…ちょっと遅くなってしまったけど、『CHICKS RIOT!2010』に参加してもらった宮城県出身のゴメスくんことパノラマファミリー参加の東日本大地震救済支援コンピレーションアルバム『Play for Japan』が4月1日にリリース、のお知らせ。バラエティ豊かな面々が大集結のコンピ・シリーズ、これで10タイトルが発売されました。ちなみに、パノラマファミリーが収録されているのはvol.08。そして、このシリーズ第10弾のアルバムカヴァーをkiiiiiiiのレイキンが手がけていますよ。
Panorama Family feat.転校生(WEEKEND)

宮城県女川町出身の Panorama Family のゴメス氏と、幼少時代を仙台で過ごしたWEEKENDのMC 転校生によって書き下ろしました。ゲストMCとしてトラックメーカーの TYDHRK が参加。

コチラで購入できます! 詳細は下記の通りです。

東日本大地震救済支援コンピレーション・アルバム
『Play for Japan vol.7〜vol.10』

あの大地震・大津波から日がたち、各地の状況があきらかになっていくにつれ、より一層被害がいかに大きかったかがわかり、本当に胸が痛みます。私たちは、被災地へ何か支援ができないかと考え、3月17日に東日本大地震救済支援コンピレーション・アルバム『Play for Japan vol.1〜vol.6』を発売しました。 たくさんのメディアの協力も得られ、多くの方に購入していただくことができました。ありがとうございました。

この『Play for Japan』に集まった暖かい志の火を消してはいけないと考えていたところ、多くのアーティストから、次回作を考えるのであれば参加させてほしいという言葉をいただきました。特に今作に楽曲提供をしてくれたSOUL FLOWERUNION中川敬氏の阪神淡路大震災の経験に基づいた「被災地への援助は、ずっと続く」の言葉に、大きく励まされました。

そこで、私たちは『Play for Japan』の続編を作りました。大震災から2週間経って、今アーティストが心を込めて伝えたい1曲を、新録、新曲、未発表曲等、既発曲以外という条件で提供していただきました。今回も、販売に当たっては、クレジット決済手数料約5%と、著作権管理事業者に登録している楽曲に関しては著作権料約7.7%を除いた全ての売り上げを、東日本大地震の義援金として、日本赤十字社を通じて寄付致します。

今私たちにできることは、日常を取り戻す作業と被災地を応援する作業。どちらかに偏るのではなく、どちらも平行して進めなくてはいけません。被災地の復興には、まだまだ長い時間が必要です。息の長い支援をしていきたいと思っています。

『Play for Japan vol.7〜vol.10』。4月1日17:00-発売です。私たちの気持ちが、少しでも被災地に届きますように。そして、聞いてくださった皆さんが、この音楽を楽しんでくださいますように。

飯田仁一郎(OTOTOY / Limited Express (has gone?) /BOROFESTA)


■タイトル : Play for Japan vol.7〜vol.10

■発売日 : 2011年4月1日(金)17:00-

■販売音楽配信サイトOTOTOY
http://ototoy.jp/

■販売URL(販売と同時にアップされます)
http://ototoy.jp/feature/index.php/20110401

■価格各1000円 / 1アルバム
4000円 / 4アルバムまとめ購入

■ファイル形式
mp3(256kbps)

■内容
新録、新曲、未発表曲等

■販売期間
2011年4月1日(金)〜2011年6月30日(木)

■義援金
著作権管理事業者に未登録の楽曲
95% 義援金 / 約5% クレジット決済手数料
著作権管理事業者に登録済の楽曲
87.3% 義援金 / 7.7% 著作権使用料 / 5% クレジット決済手数料

■義援金送付先
日本赤十字社を通じて被災地へ。

『Play for Japan Vol.7』

1、今、偽善者の先頭で/MOROHA
2、Collage Flowers/PLASTIC GIRL IN CLOSET
3、心呼吸/swimmingpoo1
4、海とガールフレンド(2011MIX)/ひらくドア
5、in The Soup/山田庵巳×日比谷カタン
6、窓の向こう側/acari
7、in your light/高畠俊太郎
8、ネコはどうせめんこいんだ(「ネコはどうせかわいいんだ」福島ver)/半澤則吉
9、素直な自分(2011年3月3日新宿JAM)/井乃頭蓄音団
10、そこを見る/HELLO HAWK
11、BRAND NEW R&R BAND/BLUE㈽
12、Freestyle No.1/呂布
13、真昼のゆめ/アラゲホンジ
14、東京/カナタトクラス
15、ペガサスフォーメーション/VIDEO
16、通りすがり/ツチヤニボンド
17、City Lights Gently Weeps/金田康平(aka.THEラブ人間)
18、gle遵bi/kanina
19、ひかり/中川敬


『Play for Japan Vol.8』

1、COS-M/MACKA-CHIN
2、PRAY FOR JAPAN/HAIIRO DE ROSSI
3、Show Me You Care(Original EDIT)/Ambient Chameleon
4、Inner Song/TREMORELA
5、3月のテンペスト/DOTAMA
6、LET ME BE YOUR LIGHT(DJ PSYCHE SAY BOOM Re-Mix)/the SHUWA
7、Shambhala anti-HAARP orchestra/joseph nothing
8、311FLASH/Panorama Family feat.転校生(WEEKEND)
9、progress/us
10、tamayura/FLOWER TRIANGLE feat.佐立努
11、Dry Ride/Tam Tam
12、Nina/ときめき☆ジャンボジャンボ
13、.A.I LOVE YOU./LIKA
14、Rainbow Rainbow/G-Ampere
15、NEVER SURRENDER FOREVER(DEMO)/JUICEBOXXX
16、帰路/BUPPON
17、Landscape/Shingo Suzuki
18、PRAY/VOLO+piz? Tracked by jjjj


『Play for Japan vol.9』

1、気楽な稼業/俺はこんなもんじゃない×WEEKEND
2、one(2002/Remix Ver.)/GROUNDCOVER.
3、Wme/4CE FINGER × sakuHana × Mitsunori Sakano
4、a black rectangle(Tsubame Version)/ BALLOONS
5、Reach For Tomorrow (Halfby and Coconut
Remix)/Handsomeboy Technique
6、Time has come/BEAT CARAVAN
7、夜になるまで待って/Currots
8、ニューライフ明日/ドブロク
9、草原ヘッドフォン/fishing with john
10、size/白波多カミン
11、景色/gimmickaholic
12、ヴァーチャファイター20XX/FLUID
13、SKYBOYZ Always Play for Your Smile./GAGAKIRISE
14、koe/キツネの嫁入り
15、天仰ぐ/SOSITE
16、流星/笹口騒音ハーモニカ(太平洋不知火楽団)
17、scene/Vampillia
18、子供の歌 第一番〜第三番/スガダイロー
19、ほんとうにスキな人/柳原陽一郎


『Play for Japan Vol.10』

1、まちのくらし (Native Fukushiman Version)/sominica
2、直江津/PADOK
3、最高の夜がはじまる/有明け
4、クラシックミュージック/中村好伸
5、One Light Blues/Shinsaku Moriyama from PETSET
6、omicron(ayumu haitani remix)/4 bonjour's parties
7、月光調/Harp On Mouth Sextet
8、resilienza/Gak Sato
9、炎天・雨天/グリンフィールドのアフターダーク
10、Ten to Sen/imaginion + Tyme.
11、stay to move/minamo
12、Kokuu/monocism
13、In Between the Hands/uka
14、Polar Chalors/Polar Chalors (HATA from Dachambo &
SINSUKE FUJIEDA)
15、Tata - remix- /夢中夢
16、PERSPECTIVE/坂本美雨 with 中島ノブユキ+高田漣
17、ca ong 鯨/enami Taisuke 江南泰佐
18、Amazing Grace/綾戸智恵

donkey vegetable voxxx!!!'Tomato Earthquake'

TGMXプロデュースのキラキラ・パーティパンク!



Frontier BackyardのTGMXプロデュース・アルバム『Tomato Earthquake』で、先日全国デビューしたdonkey vegetable voxxx!!!。女子2人のキュートな激烈シャウトとアフター90年代パンク×ニューウェイヴなサウンドをたっぷり聴かせてくれる“この6人組”、ちょっと注目の新人グループです。

元United Skateというスカパンク・バンドの元メンバーだったダイスケを中心に結成されたdonkey vegetable voxxx!!!。FRUTY(懐!)などの90年代的なパンクをこよなく愛する彼が、CSSやNew Young Pony Clubといった比較的最近のニューウェイヴ系グループに刺激を受けて作った新バンド――というだけあって、西荻系からエレクトロまでを一気に駆け抜けたような、ファスト&ショートでキラキラ感満載のユニークなサウンドを、ほんと怒濤の勢いで聴かせてくれます。

アップテンポでドタバタ。短い曲の中に、ザクザク、キュイーンキュイーン、ピコピコ……といろんなモノが詰まっているけど、ごちゃごちゃした印象はありません。メリハリある音を、昼ドラみたいな速さでどんどん展開していく様はまさしく痛快。キャッチーなメロディはしっかり耳に残るし、女のコ達のシャウトと歌がとにかく突き抜けてる。彼女達の、Shampooばりの(たとえが古いけど)尖ったヴォーカルが素晴らしい存在感を放ってるんです。

ちなみに、本作を手がけたTGMXいわく「ピカリと光るものを感じて、あっという間に好きになりました。パンクmeetsエレクトロ?! びっくりパーティ・チューンでフロアをモッシュさせてくれるでしょう!」――だそう。

「Fight For Your Right」(ビースティ・ボーイズ)のカヴァーもサイコー、TGMX節も随所にちりばめられたアルバム「Tomato Earthquake」。本作を聴いたら、もう間違いなくライヴを観たくなりますよ〜!

donkey vegetable voxxx!!!のデビュー・アルバム『Tomato Earthquake』は購入者特典がいろいろ!

TOWER RECORDS 購入者特典。
SCHOOL JACKETSの名曲"hair style"1曲入りCD。

HMV 購入者特典。
アルバム未収"CAN'T SKANKIN"ライブ音源1曲入りCD。

disk union 購入者特典。
donkey vegetable voxxx!!! アルバム未収CMソング&映像DVD-R。

disk union限定 Tシャツセット CD。
2,800円(税込)
http://diskunion.net/punk/ct/detail/PNK1002-160

DIW ONLINE 購入者特典。
オリジナル缶バッヂ。
http://www.diwproducts.com/catarogue.php?l=niw


donkey vegetable voxxx!!!
'Tomato Earthquake'
Niw! Records
NIW-051
1,890円(税込)
発売中!
「TOMATO EARTHQUAKE」RELEASE PARTY
4/11(日)@新宿MARZ
donkey vegetable voxxx!!! presents
「ONE MORE DANCE Vol.3 -1st mini album release party-」
open&start 17:00 ticket ¥2000

*STAGE SHOW*
donkey vegetable voxxx!!! 、AAPS、oto、NEON GRAVITY、MIX MARKET
*BOOTH SHOW*
PANORAMA FAMILY
*FLOOR SHOW*
de!nial
*DJ*
TA-1(Riddim Saunter)
info:MARZ 03-3202-8248

以下ツアー・スケジュールです!
4/3@柏ALIVE
W/ANTI NICE、APRICOT、CHIL CHIL MICHIL
Marquis Queensberry 、yellow gang
info:ALIVE 04-7143-2088
5/1@大阪地下一階
info:地下一階06-6263-1133
5/23@熊谷 HEAVEN'S ROCK Kumagaya VJ-1
W/RAZORS EDGE
info:モルタルレコード 048-526-6869
6/5@名古屋APOLLO THEATER(ALL NIGHT)
info:APOLLO THEATER 052-261-5308
6/19@八王子MATCH VOX
info:MATCH VOX 042-627-7787

SHONEN KNIFE "Free Time"

少年ナイフの新作『フリータイム』発売中!



2009年は欧州〜豪州〜北米を横断、大々的なワールド・ツアーを繰り広げていた少年ナイフが、新春の幕開けと共に新作をリリースしました。その名も『フリータイム』。

メタルからポップまで――いろんな時代の音楽をこよなく愛するソングライター=直子(Vo&G)のルーツをまんま反映したようなロック・サウンドに独自の歌世界を乗せた、どこまでも少年ナイフな内容。そう、今回もゴキゲンな“ナンデモ・ロック”が炸裂です。

本作には、配信でリリースされていた「Perfect Freedom」「Rock’n’roll Cake」「Capybara」を含めた全10曲が収録。「P.Y.O」ではザ・50回転ズがコーラスで参加しています。“カピバラ”や“ロックンロール・ケーキ”から“クラゲ”“経済恐慌”まで曲のテーマも様々。どこから聴いても“ナイフ印”な『フリータイム』、ったく何て楽しすぎるアルバムなんだ! というわけで、今春に企画されている『Free Time Tour 2010』が待ち遠しいです。



少年ナイフ
『フリータイム』
P-Vine
PCD-25106
2,625円
発売中

ツアーも決定!!! Free Time Tour 2010

2010/3/13/(土) 新代田 LIVE HOUSE FEVER
2010/3/14/(日) 新栄 アポロシアター
2010/3/20/(土) 十三ファンダンゴ

名古屋公演にはザ・50回転ズの参加決定したみたいですよ〜!

詳細は、オフィシャル・サイトでチェックしよう!

split "The Best New-Comer of The Year"

横山健×若手バンドの4wayスプリット!


Ken Yokoyama

Ken Yokoyamaがツアーを通して出会った若手バンド達と繰り広げるガチンコ・マッチ! 世代を繋ぐパンクロック・スプリット・アルバム『The Best New-Comer of The Year』が、先日PIZZA OF DEATHから発売された。

本作に参戦しているのは、Ken Yokoyama以外、バリバリの若手3組。NOBの元メンバーtetsuyaを中心に結成されたALMOND、昨秋アルバム・デビューしたばかりのDRADNATS、紅一点Misakiの伸びやかな歌声が光るSpecial Thanks――いずれも結成4年未満というフレッシュな面々。とはいえ、Ken本人が“将来性を感じるバンド”として声をかけたというだけあって、若さや勢いだけじゃなく、いいメロディを武器に確かなサウンドをしっかりと鳴らす“ニュー・カマー”達だ。そんな先輩後輩によるパンクロック・バトル。そのメロディにグッと、そのサウンドにアツくさせられる本作は、いかにもPIZZA OF DEATHらしい内容と言えるはず。

ちなみに、下の写真は、ヤング・アブリル?!な迫力ヴォイスを聴くことができるSpecial Thanks。メロコアの王道をゆくサウンドに乗っかるMisakiの美声は、乗っかるどころか音全体をぐいぐい引っ張っていくような馬力があるし、とにかく凛々しい。彼女はすでに話題、期待の女性ヴォーカリスト。あ、“女性ヴォーカル”と言えば、上の写真のKen Yokoyama――カヴァーに定評のある彼が、今回ノラ・ジョーンズの代表曲「Don' Know Why」を痛快に歌っているのが面白い。言わずもがな、素晴らしい仕上がりです!

また、5月には『The Best New-Comer of The Year』のレコ発ツアーも開催される予定。兄貴×若手によるアツき生バトルを各地でしっかりと目撃されたし。



Special Thanks



「The Best New-Comer Of The Year」
Ken Yokoyama, ALMOND, DRADNATS, SpecialThanks
PIZZA OF DEATH
PZCA-45 
1,750円 (税込価格)
発売中

The Best New-Comer Of The Year Tour

5/08 広島 CLUB QUATTRO
  (出演:ALMOND / Ken Yokoyama)
5/11 心斎橋 CLUB QUATTRO
  (出演:ALMOND / DRADNATS / Ken Yokoyama)
5/12 名古屋 CLUB QUATTRO
  (出演:Ken Yokoyama / SpecialThanks)
5/24 渋谷 O-EAST
  (出演:ALMOND / DRADNATS / Ken Yokoyama / SpecialThanks)

Total Info: PIZZA OF DEATH

AMERICO 'Americo'

トロけるようなースウィート・ロックンロール!




今年最後のニュース! 編集部に届いたアルバムを遅ればせながらご紹介♪

////////////////////////////////////////////////////////////

“アメリカ”を読み間違えて“アメリコ”(?!)――the Rest Of Lifeのメンバーだった西岡由美子率いるトリオ・バンドが、先月デビュー・アルバム『アメリコ』を発表。最近話題になっている。

この作品で聴くことができるのは、50〜60年代のロックンロールやガールポップを下敷きにした甘〜い甘〜い恋の歌。デコレーションも可愛くって、口に入れた途端この上ない幸福感をもたらすフワッフワのドーナッツのようなスウィート・ロックンロールである(あ、そういや、本作のCD盤面には美味しそ〜なドーナッツの写真がプリントされていたっけ)。“甘いモノは別腹だ”ってよく言うけど、アメリコの歌もまさにそれ。たとえ他のロックンロールで満腹になっていたとしても、本作の全12曲を聴き終えても、「あ、もう少し!」「あと、もうちょっとだけ」って……つい、また手が伸びてしまう、どんどんイケてしまう、ほんとにほんとにクセになる甘い味なのだ。

夢と現実の境界線が分からなくなってきそうなほどにドリーミーでスウィート。ロニー・スペクターとジョーイ・ラモーンがデュエットしているような底抜けに甘酸っぱい世界がここにはある。

“甘いモノに目のない”アナタにこそ、ぜひ本作を聴いてほしい!

アメリコ オフィシャル・サイトはこちら>>>



アメリコ
『アメリコ』
boid
boid cd-011
1,890円(税込)
発売中

MIKA 3 CHU"I Don't Know"

中島美嘉×森三中の痛快コラボ・ユニット!



私の目の周りが黒すぎるって? 何か問題ある??

中島美嘉と森三中によるコラボ・ユニット=MICA 3 CHU。中島自身が発案&自らが森三中にオファーして実現したというユニークな企画“”バンドのシングル「I Don't Know」がいよいよ発売された。

この作品で中島美嘉が打ち出したテーマは、シングルのタイトルでもある“I Don't Know”! 彼女が日々感じているメディアや周囲への怒りや憤りをストレートに表現(歌詞は中島本人書き下ろし)、パワフルな“アングリー・ロック・ナンバー”を全開にしている。アレンジとプロデュースはCOLDFEET、ビート・クルセイダーズのカトウタロウがギターを担当。AC/DCにも通じるタフでダイナミックなロック・チューン、エッジの効いたギター・サウンドに狂わせられること必至です!

ちなみに、彼女達にはこんな“チャーリーズ・エンジェル”のようなキャラ設定もあるとか(笑)。PVもとてもクールな仕上がりになってます。

MIKA(Vo)
年齢不詳・寡黙・クール・ヘヴィスモーカー・仲間想い・リーダー・得意技は睨み・インタビュー嫌い・クマ好き

OSHIMA(G)
年齢不詳・やんちゃで笑わせるのが得意・盛り上げ役・大食い・力持ち・酔うとすぐに脱ぐ

KUROSAWA(Dr)
年齢不詳・暴れ者・ケンカ早い・ナルシストでいつも鏡を見ている・すぐ物を投げる・超酒好き

MURAKAMI(B)
年齢不詳・平和主義・忘れっぽい・泣き虫・男にだらしない・甘いものに目がない・いつもチュッパチャップスをくわえている・被害妄想が激しい・バンドのマスコット的存在





MICA 3 CHU(ミカサンチュウ)
『I Don't Know』
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
AICL-1942〜AICL-1943
初回盤1,680円(税込価格)
通常盤1,223円(税込価格)
7月23日発売

TOKYO PINSALOCKS "Planet Rita"

トーキョー・ピンサロックの新作が発売!



ギタリストの脱退を機にミクスチャー系バンドからガラッとイメチェンしたトーキョー・ピンサロックスが、本日新作『リタ・プラネット』をリリース!

彼女達がそこで鳴らすのは、ロックでダンサブルなエレクトロ・サウンド。ヴォーカル/シンセ/ベース/ドラムというミニマムな編成で、どこまでも独創的なサイケ・ポップ・ワールドを紡ぎ出す。もっと的を得たたとえがあると思うけど、何だか、クラフトワークとチボマットがセッションしているような感じもアリ。とにかくもう、宇宙的グルーヴが終始渦巻いている。

さて、そんな彼女達、すでに海外での支持も高いという。07年には二度の英国ツアーを成功させ、ロンドンではトリを務めたというし、まさに現在もUSツアーのまっただ中。が、年内にはイギリスとアメリカへ再度遠征する予定もあるらしく、いやはや、勢い止まらずといった様子だ。頼もしい!

さあ、トーキョー・ピンサロックスの音、ライヴ、バイオなど、いろいろ気になった方は下記URLでインフォメーションをゲットされたし。

こちらで『リタ・プラネット』全曲が視聴可能です>>>

トーキョー・ピンサロックスのMySpaceはこちら>>>



トーキョー・ピンサロックス
『リタ・プラネット』
KIMONO
DDCH-2306
1,995円(税込価格)
3月26日発売

the HEADBANGERS "Meet the HEADBANGERS"

ザ・ヘッドバンガーズ、遂に1stアルバム発売



VAMP!誌面ではissue2に登場してくれた東京のラモーン・パンク・トリオ。元POPOLONGのメンバーと現ディスガスティーンズの凄腕ドラマー=Gyuからなるザ・ヘッドバンガーズが、遂にファースト・アルバム『ミート・ザ・ヘッドバンガーズ』をリリース!

00年の結成から現在までの歩みを総括した作品――と言っても差し支えない濃密さを見せる『ミート・ザ・ヘッドバンガーズ』には、ラモーンズからリヴァーデールス、クイアーズ辺りの流れを感じさせるシンプル&ポップなパンクロック全14曲が収録。キャッチーなメロディと軽快な8ビートが、終始弾けまくり。サクサクとした歯切れの良さ。時々チラッと覗かせる60年代ポップス的なスウィートさ。コーラス・ワークもさりげないアレンジも、すべてグレイトです。

ラモーン・パンク狂に限らず、ポップなパンク・ロックが好きだというアナタにもぜひ一度聴いてもらえたらと思う次第。そして、アルバムを聴いてワクワクしたら、ぜひともライヴ会場にも足を運んでみてほしい。

The Headbangers MySpaceはこちら>>>



ザ・ヘッドバンガーズ
『ミート・ザ・ヘッドバンガーズ』
DUMB Records
DUMBCD-01
1,995円(税込価格)
発売中
初回特典でオリジナル・ライヴDVD付き

JeNnY SPECIAL COLLECTION-New Style of '80s Hits

キュートな80s洋楽カヴァー集!


Kiiiiiii

着せ替え人形の“ジェニー”をモチーフにしたユニークな洋楽カヴァー・アルバム『JeNnY SPECIAL COLLECTION-New Style of '80s Hits』が3月19日にリリース! 

“ジェニー”が誕生した80年代のヒット曲を、このブログでもお馴染みのKiiiiiiiを始め、下記の豪華メンツが遊び心たっぷりにカヴァー。が、本作は単なるカヴァー集ではなく、女性ヴォーカリスト×個性派アーティストによるコラボ作品であるというのがポイント。ちなみに、Kiiiiiiiも普段とはちょっぴり違って、いい感じに新鮮です。飛ばしてます。

CUBISMO GRAFICOの松田"chabe"岳二監修のコンピというのも納得の、オシャレな仕上がりの本作。下記楽曲のラインナップを見て、「懐かしい〜」と感じた大人の音楽ファンにもぜひ聴いていただきたい1枚。いや、ほんとウキウキしてきますよ!



YUKARI FLESH

トラック・リスト
01 マテリアルガール(マドンナ)/ TGMX feat. Itsco
02 フリーダム(ワム!)/ CUBISMO GRAFICO feat. JeNnY
03 ハイスクールはダンステリア(シンディ・ローパー)/
LOWBLOWS feat. 櫛引彩香
04 アイム・イン・ザ・ムード・フォア・ダンシン(ノーランズ)/
MATIAS TELLEZ feat KARIN PARK. NATHALIE NORDNES
05 君は完璧さ(カルチャークラブ)/
RUB-A-DUB MARKET feat. Goodings RINA
06 タイム・アフター・タイム(シンディ・ローパー)/
LOW IQ 01 feat. 土岐麻子
07 ブレイクアウト(スイング・アウト・シスター)/
KATCHIN' feat. TRILETS
08 エブリ・リトル・ステップ(ボビー・ブラウン)/
MINIFLEX feat. YUKARI FRESH
09 ユー・スピン・ミー・ラウンド(デッド・オア・アライブ)/
CUBISMO GRAFICO feat. Kiiiiiii
10 ネバーエンディング・ストーリー(リマール)/
ughhellabikini feat. Kana
11 ラジオスターの悲劇(バグルス)/ MOOSEHILL feat. 加藤紀子
12 ビリー・ジーン(マイケル・ジャクソン)/
KENTARO IWAKI feat. MAHINA APPLE




『JeNnY SPECIAL COLLECTION-New Style of '80s Hits』
avex trax
AVCD-23440
2,625円(税込価格)
3月19日発売

AC/DC cover tribute album "Thunder Tracks"

少年ナイフも参戦 AC/DCトリビュート盤!


photo band 少年ナイフ

少年ナイフも参戦! ビート・クルセイダース企画のAC/DCカヴァー・トリビュート『Thunder Tracks』が、いよいよ3月26日リリース! AC/DCを愛してやまないアーティスト14組が大集合(下記参照)、AC/DCへの愛をここぞとばかりにぶちまける!

「極上のロックンロールを鳴らし続けて早35年! ……(AC/DCは)ロックの歴史を語る上ではずすことのできない偉大なバンドなのよ! しかし、ここ日本においては残念ながら過小評価されているっちう現状……」(プレス資料より)。そう嘆くビークルの“アンガス・ヤング”ことカトウタロウ(G)が「どげんかせんといかん」(プレス資料より)と立ち上がり監修。AC/DCのライヴ・アルバム『LIVE』の内容そのまんまのラインナップでトリビュート盤を完成させたのだが、これがまたバラエティに富んだ面白い内容になっちゃっている。「ん、エーシーディーシーって何だ?!」というヤングな方も、本作を耳にすれば本家の楽曲に触れたくなってしまうはず。いや、ぜひ触れてみて! 必ずやぶっ飛びます。

ちなみに、ナイフがカヴァーしたのは下記の通り、「WHO MADE WHO」。ユニークなアレンジがなされていて、完全にナイフの曲じゃん!てな仕上がりになっている。

また、アンガス・ヤングの誕生日が3月31日ということから本作発売イベント(=アンガス・ヤング誕生祭?)は3月31日〜4月1日に開催。詳細は下記を参考のこと。

トラック・リスト
1 「THUNDERSTRUCK」BEAT CRUSADERS
2 「SHOOT TO THRILL」キャプテンストライダム
3 「BACK IN BLACK」ELECTRIC EEL SHOCK
4 「WHO MADE WHO」少年ナイフ
5 「HEATSEEKER」SCOOBIE DO
6 「THE JACK」10-FEET
7 「MONEYTALKS」Fed MUSIC
8 「HELLS BELLS」斉藤和義
9 「DIRTY DEEDS DONE DIRT CHEAP」SHENSHO1500
10 「WHOLE LOTTA ROSIE」奥田民生
11 「YOU SHOOK ME ALL NIGHT LONG」TUCKER
12 「HIGHWAY TO HELL」RAZORS EDGE
13 「T.N.T.」BLEACH
14 「FOR THOSE ABOUT TO ROCK(We Salute You)」FACT



AC/DCカヴァー・トリビュート・アルバム
『Thunder Tracks』
DefSTAR Records
DFCL-1453/CD+DVD(初回盤)
3,000円
DFCL-1455/CD(通常盤)
2,800円
3月26日発売


photo band BEAT CRUSADERS

BEAT CRUSADERSプレゼンツ
『AC/DCトリビュート・ライヴ殺人事件』開催決定!


開催日 2008年3月31日(月)
会場 東京:新宿LOFT
開場 15:30 / 開演 16:00
前売 3,000円
出演 BEAT CRUSADERS/BLEACH/ELECTRIC EEL SHOCK/FedMUSIC/SENSHO1500/少年ナイフ/TUCKER

開催日 2008年4月1日(火)
会場 東京:SHIBUYA-AX
開場 17:00 / 開演 18:00
前売 3,500円
出演 BEAT CRUSADERS/キャプテンストライダム/RAZORS EDGE/SCOOBIE DO

【チケット】 現在発売中!
チケットぴあ Pコード : 285-332
ローソンチケット Lコード : 72973
問い合せ HIGH WAVE TOKYO TEL 03-5464-1535
月〜金 10:00-18:00

BEAT CRUSADERSオフィシャル・サイトはこちら>>>

▲top