Sofia Coppola's "Marie-Antoinette"

ソフィア・コッポラ新作『マリー・アントワネット』


(C)2005 I Want Candy LLC.

遂に日本でも公開です。
ソフィア・コッポラの最新作が遂に日本に上陸。
前から興味を抱いていた女性だったので、
ソフィアがメガホンをとると聞いた時はビックリしたと同時に、
楽しみでなりませんでした。
彼女の映画はいつも映像やファッション、
サウンドトラックもいいですしね、
その辺も楽しみたいと思います。

さて、今秋からすでに劇場前売りチケットが発売されていますが、
限定1万枚のみ、オリジナル特製コサージュ付き
(コサージュの老舗ブランドのアトリエ染花によるもの)。
まだその鑑賞券が残っているのかどうかは定かではありませんが、
私は入手しました(下の写真参照)。
実際に身につける予定はなくとも……
こういうのに女子は弱いものです。

ともあれ、鑑賞するのが楽しみです。
映画に関する詳細は下記の通り。
チェックして、公開日を楽しみに待ちましょう。

by A-Yummy!



マリー・アントワネット生誕250周年記念作品

ーこれは、最も愛され、最も憎まれた世界一有名な王妃の物語ー
時代の空気を瑞々しい感性でとらえてきたソフィア・コッポラが
現代に描く、新しいマリー・アントワネット像!


『ロスト・イン・トランスレーション』でアカデミー賞脚本賞に輝き、
全世界が注目するソフィア・コッポラ監督最新作
『マリー・アントワネット』が今、華麗に花開く!
<第59回カンヌ映画祭:コンペティション出品作品>

<INTRODUCTION>
最も愛され、最も憎まれた、世界一有名な王妃
マリー・アントワネットに新たな光をあてた物語


ヴェルサイユ宮殿の本物ならではの荘厳さ、
ソフィア・コッポラにしか描けない、
モダンでヴィヴィッドな宮廷世界

『ロスト・イン・トランスレーション』で
アカデミー賞脚本賞を受賞した
ソフィア・コッポラの最新作は、
マリー・アントワネット生誕250周年の年に、
フランス政府の全面的な協力の下、
ヴェルサイユ宮殿で大規模な撮影を行ない、
全世界の注目を集めた話題作。

ヒロインは、わずか14歳で
単身オーストリアからフランス王家へ嫁ぎ、
18歳で即位した王妃マリー・アントワネット……
歴史の大舞台にあがるには、あまりにも幼かった少女。

ソフィアはそんな彼女に興味を持ち、
誰もが知っているマリーの足跡ではなく、
誰も知らない、誰も知ろうとはしなかった
マリーの“心”の軌跡を描き出した。
どんな着飾っても、飾れなかった心。
この上なく優雅に見える暮らしの中で、
王妃として、妻として、母として、
そして、1人の女性として、彼女は何を感じ、何を思ったのか?

究極のセレブリティ、マリー・アントワネット
18歳でフランス王妃という最高の栄誉と贅を手にしたマリー。
しかし、実際は24時間とりまきに囲まれて生活する、
不自由な毎日だった。
プライバシーは一切なく、国内だけでなく、
全世界の注目を浴び、世継ぎ問題、
スウェーデン伯爵フェルゼンとの忍ぶ恋など、
言動がすべてゴシップのネタにされていた。

当時の最新モードを牽引した
ファッション・リーダーを体現する衣装の数々

第2の主役とも言えるリュクスな衣装は、
『炎のランナー』『バリー・リンドン』で
アカデミー賞を2度受賞したミレーナ・カノネロが担当。
この映画のために作った数百着の衣装が、
宮廷の貴族達を艶やかに彩る。
また、現代最高のトレンド・セッター、
マノロ・ブラニクが手がけた靴も宝石のような輝きを見せている。

テーマ・カラーは、“キャンディ&ケーキ”
本編に散りばめられたスウィーツの数々は、
1862年創業のフランスの老舗ラデュレのもの。
随所に配されたローズやピスタチオ色のマカロンが
魔法のような世界を創り出している。

わずか14歳でフランス・ブルボン王家に嫁ぎ、
18歳でフランス王妃に即位したマリー・アントワネット。
革命の嵐にのみ込まれ、断頭台の露と消えていった“可憐な薔薇”。

2007年1月20日(土)、日劇3他にて全国ロードショー!

『Marie-Antoinette』
監督・脚本 ソフィア・コッポラ 
主演 キルステン・ダンスト

JPNオフィシャルサイト>>>
US オフィシャルサイト>>>


サウンドトラック
『Marie Antoinette』
Verve
収録されているバンドはこんな感じ。
凄いです。
スージー&ザ・バンシーズ、ストロークス、
ニュー・オーダー、ギャング・オブ・フォー、
アダム&ジ・アンツ、エイフェックス・ツイン、
エール、スクエアプッシャー……。
マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのケヴィン・シールズが
手がけたバウ・ワウ・ワウのリミックスが2曲も収録。
全26曲。
▲top