CHICKS RIOT! camp #1 : Photo Report 02

JUGEMテーマ:音楽


Photo : Yoko Yamashita(SLANG)
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)(8)
(9)(10)
(11)

9/29開催の『CHICKS RIOT! camp #1』フォトレポ第2弾。それぞれのワークショップの様子について簡単に記載しておきます。

Photo :
(1)〜(3)「ろっくんろーる ぎたーちゃれんじ」
折り紙ワークショップもやってくれていたmoonyパパ(おもに楽器・音楽系出版物の編集をやっているギター弾き)を講師に迎え、大人も子どももギターにチャレンジ。みなさん、講師に教わりながらジャカジャーンと思い思いに演奏していました。大人用&子ども用ギターの他にもウクレレ、オルガン、ボンゴ、タンバリン…など、用意していた楽器の音色も場内に響き渡り、何とも言えずいい雰囲気でした。ギターをしょって来場下さった方もチラホラいて、その姿にニンマリしていた主催者。今回できなかった大人クラスの“課題曲ちゃれんじ”は次回こそ。

(4) 〜(8) 「福笑いTシャツを作ろう by イロアソビ」
Tシャツのボディにキリエプリントや端切れで作った顔パーツを並べて、自分だけの顔Tシャツを製作。布をペタペタ貼り付けていくシンプルな作業でできてしまうので、ちびっこも大勢参加していましたよ。作り終えた子どもたちの、ちょっと得意げな顔が良かった。そして、みんな口を揃えて「次はまた違うのを作りたい!」と言っていたのも印象的でした。ちびっこ専門でやっているというわけではないようなので、次回開催時には大人の方もぜひどうぞ。ボディの持ち込みも可能です(大人用ボディは持ち込み必須かも)。

イロアソビさんにはTシャツ作りの他、子ども服の展示販売もしていただきました(写真5参照)。

(9)〜(11)「けいとでつくろう by melu tytttö(メルティット)」
編み物講師でもあるメルティットさんが担当の、指編みでシュシュやマフラーを作るワークショップ。編み棒や編み針を使わずに指でどうやって?と思われるかもしれませんが…大人の男性や小さな女のコたちまでもが、アッという間に作品を完成させていました。主催者もビックリ! camp終了後、自分の作ったマフラーを身につけて帰ってゆく方を何人も見かけました。さて、次は何を編みましょう? 

CHICKS RIOT!としてやってみたいとずっと思っていたのが、このワークショップ企画。CHICKS RIOT! campという名前で、今回ようやく実現できました。ちなみに、CHICKS RIOT!そのものはLADY FEST 2000というフェスに感化されて始めたものでしたが、今回行なった“ろっくんろーる ぎたーちゃれんじ”をやってみたいと思うようになったのはRock'n'Roll Camp For Girls(以下RCFG)に共感したのがきっかけでした。RCFGというのはポートランドでスタートした、おもにティーンの女の子たちのためのロック・キャンプ。演奏や機材、歌、作曲などをみんな学ぼうというもので、スリーター・キニーやビキニ・キルのメンバーが訪れることもあったという素敵なプロジェクトです…ザックリ言うと。RCFGを知ったのはLADY FEST2000に参加した後のことだけど、こういうものが日本にもあればいいのに――そういう思いを自分自身のできることを踏まえた上で形にしたのが“ろっくんろーる ぎたーちゃれんじ”なのです、実は。

で、さらに話はズレるのだけど、オーストラリアの“ポップパンクバンド”SPAZZYSのドラマーAllyは地元でちびっこを対象にしたKIDDYROCKというロックのワークショップ&パーティを主催していて。あれから進展はないものの(汗)、前回の来日時にAllyと東京でもKIDDYROCKを開催しようという話で盛り上がったこともありました。“ろっくんろーる ぎたーちゃれんじ”からいろいろ話が飛んでしまいましたが、興味のある方は、リンク先のHPを覗いてみて下さいね。

さて、話を戻して、次のCHICKS RIOT!はまたcampシリーズとしてお送りする予定。開催はたぶん来月かな? 詳細が見えてきたらこちらで発表します。
▲top