BOYS ORDER : Live Report(2013/4/28@Yamaguchi Ube Sixty-Nine)

JUGEMテーマ:音楽


(1)

この春にBOYS ORDERが山口県の宇部でライヴをするという話を聞いたのは、それよりも随分前のこと。ここんところ宇部で開催されるライヴについてよく耳にするようになっていたことや、そもそも私自身の出身地ということもあって、BOYS ORDERの件を聞いて以来ずっと興味津々でいたのだけど、「ライヴを終えたよ」と報告だてら送られてきたチヒロ嬢からの土産話メールがとても面白くて。今回はタイトルこそ"BOYS ORDER : Live Report"となっているけど、単に「BOYS ORDERとして山口でライヴをしてきたよ」という話だけではなく、興味深い共演バンドについて、そして「宇部と言えば!」というバンド情報まで含まれていて読み応えたっぷり。というわけで、彼女に許可を頂いてこちらに転載させてもらうことにしました。ぜひご一読を。

______________________________

text by Chihiro Isadora(BOYS ORDER)

山口宇部=BANANA ERECTORSの街!というイメージがあったので、宇部に実際行けるのをドキドキワクワクしていました。九州が私の田舎ということもあって山口を通過することはよくあるけど、上陸は初めて。でも、工場があって海のある臨海地帯が宇部も西宮も一緒で親近感沸きました。

今回呼んで頂いたのは、以前BOYS ORDERとして共演した事のあるTHE ROZWELLSのKAKU氏。KAKU氏はBANANA ERECTORSのMay嬢(Vo)の旦那様であり、過去にはMay嬢と大阪のミーちゃんでHello My Loveというポップパンク・バンドをやっていたこともある方。残念ながら現在活動休止しているHello My Loveを一度だけ観たことがあるのですが、キュートでポップ、その上キャッチーでパーフェクトでした。

さて、共演したそれぞれのバンドについてコメントしていくと…THE ROZWELLSはKAKU氏がヴォーカルとベースを担当、サイドのギタリストもメイン・ヴォーカルを取っています。酸っぱい青春を思い浮かべる皆大好き70sスタイルのパンクロックに泣ける日本語が乗っかって、アルコールで笑い飛ばす感じ。踊らず/歌わずにはいられないキャッチー・ソングで宇部を大いに盛り上げており、ダンスもポゴも大盛り上がり。酸欠寸前でした。ライヴに来ている人たち皆ROZWELLSが大好きなのが伝わってきて、それがあまりに素敵で泣きそうになりました。ライヴハウス以外には何もない場所やのに続々と皆集まり始め、未成年は無料(!)とのことで来ていた女子高生2人はこれからバンド始めるそうです。最高過ぎます!!

続く、オオハマアキラ君は独自のパンク・スタイルな弾き語りで良かったし、ウィスタリアというバンドはヴォーカルとベース、ドラムが女子+ギターが男子というハードコア・トリオ(ベースにショッキングピンクの弦が張られていた)。がっつりハードコアってわけでもなく、パンクな部分も多めでカッコ良かったし、福岡からはパラライズも登場! フロント兄弟+ドラム女子というトリオ。ガレージサーフなインストあり、歌あり、パフォーマンスも豊かで、そりゃ上海でライヴするわ!なパラライズ・ショウ。イカシテタ! 

そして、最後に私たちBOYS ORDER。宇部でやるのは初めてやのに、皆が優しく大歓迎してくれ、1曲目のピカピカ・サングラスから大盛り上がり。アンコール! 宇部でもThe Dictatorsの「Who will save Rock And Roll?」、ROZWELLSのKAKU氏に捧げた、CLASHの「career opportunities」カヴァーが大ウケでした。ROZWELLSにはやはりCLASHも感じるのです。

ちょっと追加しておくと…当日出演こそしていなかったけど、お客さんとしてTHE TUESDAYのマミ嬢が来てくれていました。マミ嬢はBANANA ERECTORSの初代ヴォーカルとして、そして同じく宇部でPEZ CYLINDERSという最強のガールズ・ラモーン・パンク・バンドのリーダーとして活動したのち、マミ嬢とMay嬢というBANANA ERECTORSの二代ヴォーカリストでガールズ・バンドTHE TUESDAYを結成しています。現在May嬢は脱退していますが、ガールズ・トリオでウッドベースもバリバリで、
ライヴも音源も凄くカッコイイですよ。あとは、BANANA ERECTORSのリーダーNut氏&May嬢、福岡のFifi & The Mach3やZEEZZというガール・パワーポップ・バンドのギターTSUKASA氏にも今回のライヴへ来ていただいたり、山口は九州と近いということもあって西の先駆者たちが集まっての濃厚な夜で◎ 今でこそネット経由でレア盤が簡単に手に入ったり、youtubeで聴けたりしますが、ほんま「誰もそんなん知らんやろ!」という時代からBANANA ERECTORSはTHE 'B'GIRLSやM&M'Sのカヴァーしていたり、一番の先駆者だったのです。宇部にパンクロックが根付いているのは、やはり間違いなく彼らのおかげですね。先述したNut氏もこれから新バンドをやるとのことですし、今後も宇部のシーンは盛り上がっていくことでしょう。また行きます!!

(2)
(3)
(4)

Photo :
(1)今回のイベント・フライヤー
(2)企画のROZWELLS角氏&BOYS ORDER
(3)打ち上げ後の集合写真
(4)宇部といえば!BANANA ERECTORSのNUT氏
▲top