SISTER JET ; ALL YOU NEED IS LIVE @HIbiya Yaon

JETSの野音ワンマン・ショット!



今月6日に開催されたSISTER JETの野音ワンマンへ行ってきたという話を前にダイアリーblogで書いたけど、その時のオフィシャル写真が到着したの改めてご紹介。

以前から音源を聴いていながら、実は彼らのライヴを体験するのは今回が初めて。しかもこの日はワンマン公演とあって最初からテンション上げまくりで観て来ました。



photo 平沼久奈(ライヴ)

いやしかし、作品で聴くよりも音が全然骨太。リズム隊はブンブンドッカンドッカン言ってるわ、ギターはスリリングに鳴りまくってるわ、しかも野外だし、というわけで、きっもちいい〜!の一言に尽きるライヴでした。最初っから最後の最後まで、ワタルSのスウィートなヴォーカルとそのグルーヴィーなロックンロールにもう揺さぶられっ放し。といっても、弾けるようなナンバーもあれば、ニューシングル「キャラメルフレーバー」のようなちょっとセンチなミディアム・チューンあり、ベイ・シティ・ローラーズにモンキーズ、チープトリックの名曲カヴァーあり。さらには、この日のためだけに作られたという「6月6日」もプレイ。お馴染みの曲から初披露ソングまで、バラエティに富んだ楽曲で私達を熱狂させてくれました。小粋でスタイリッシュな英国的センスが渦巻くサウンド、ラブリーな甘酸っぱさに溢れたメロディが、今もまだ頭の中でぐるぐると新鮮に鳴り響いています。あー、良かった!



さて、そんな彼らの次回ワンマン公演は、12月15日の日本青年館にて! 日比谷でのステージが良かっただけに、これはぜひとも観たいっっ!!





野音ワンマン公演直前にリリースされたニューシングルがこちら。思わず胸がキュンとなるスウィート・ナンバー。この曲を聴いていたら、何でか無性にポリスを聴きたくなりました。いや、彼らがポリスのカヴァーをしたら面白いことになりそうですよね、ほんと。ちなみに、本作にはチープ・トリック「Surrender」のカヴァーも収録。独自の日本語歌詞がグレイトです!

シスタージェット
「キャラメルフレーバー」
PECF-9002(初回限定盤CD+DVD)1,500円(税込価格)
PECF-1019(通常盤CD)1,000円
▲top