the RIFF RANDELLS x RAMONES FC JAPAN!

リフ・ランデルス、ラモーンズFCJ webに登場!

 
撮影 Sumie

10月に再来日、VAMP!&Peachy Doll Records主催のフェス『CHICKS RIOT!』に全公演出演してくれたカナダのバブルガム・パンク・バンド=リフ・ランデルスが、ラモーンズ・ファンクラブ・ジャパンHPの“I'm RAMONES MANIA!”というインタビュー・コーナーに登場してます! ラモーンズにまつわるいろんな話をがっつりしてますので、ファンの方はチェックですよ♪ 今すぐ下記URLからジャンプ!

http://ramonesfanclubjapan.com/mania/

latest the MICRAGIRLS show!

久々! 最近のザ・ミクラガールズ!



昨年末に我がレーベル=Peachy Doll Recordsからリリースしたフィンランドのザ・ミクラガールズ。昨日レーベル・スタッフからこんな動画をもらったので、こちらでご紹介! この映像もCHICKS RIOT!2008の会場で上映したかった(涙)。

でも、ザ・ミクラガールズ初の日本盤はCHICKS RIOT!会場で購入できますので、未入手の方はぜひ物販コーナーでお求め下さい。もれなくPeachy Doll Recordsが作ったミクラ・バッヂが付いてきます♪ あ、VAMP!が運営するVAMP!ブティックでももちろん購入できますよ〜。

the RIFF RANDELLS in Hiroshima!

リフ・ランデルス、広島公演無事終了!



続いて、リフ・ランデルス情報です! 昨夜の広島公演(dumb records 3周年記念イベント!!Vol.1 “Do you wanna dumb?! SPECIAL!!”)も無事に終了。大盛況だったようですよ〜。ステージの彼女達はこーんな感じ! 今日は広島の観光スポットをいろいろ巡ったというメンバーも、只今東京へ移動中。

リフ・ランデルス、4年ぶりの来日公演in 東京はいよいよ明日ですよ! お見逃しなく〜♪

the RIFF RANDELLS x DOLL magazine

10月発売のDOLL誌にリフ・ランデルス登場!



先日ダイアリーblogにチラッと書きましたが、リフ・ランデルスのインタビューが今日発売のDOLLマガジンに掲載されています。みなさん、ぜひチェックしてみて下さいね。私自身が取材したものですが、来日直前インタビューってことで登場しています! ちなみに、来年2月によ〜〜やく来日するベイビー・シェイクスも載ってますよん。

いやしかし、秋から冬にかけて各国のガールバンドが続々と来日しますね。今月はカナダからリフ・ランデルス、来月にはオーストラリアからスパジーズ、スペインからはスージー・ロス・クアトロ、サンパウロ出身のCSS……そして2月にはベイビー・シェイクス! って、こう書いているだけで、胸が高鳴ります。また改めてツアーの詳細をこちらにアップしますが、みなさんもぬかりなくチェックを!

the RIFF RANDELLS JAPAN TOUR 2008 in Hiroshima

リフ・ランデルス、広島公演詳細はこちら!



先日お伝えしたリフ・ランデルス広島公演の詳細が決定しましたので、再度インフォメーションをアップします。お近くの方、下記をしっかりチェックしておいて下さいね♪

dumb records 3周年記念イベント!!Vol.1
“Do you wanna dumb?! SPECIAL!!”


2008.10.09(thu)
@Hiroshima Namiki Junction
Open 18:30 Start 19:00
ADV:2500yen DAY:3000yen

with
早朝ピストンズ
CONCRE
PERSEVERE
Lengyo
THE CONVERS
OPENING ACT
Rezidents

DJ /GODBIRD(Stereo Records)

☆チケット情報
LAWSONコード/61532
ぴあ:303-24
チケット取扱SHOP一覧
DUMB RECORDS:082-543-5334
DISK SHOP MISERY:082-241-0782
STEREO RECORDS:082-245-7983
BLOODSHOT:082-247-3697
STUDIO5150:082-240-5150

☆TOTAL INFO&チケット予約
イベントに関する全てのお問い合わせとTEL及びMAILでご予約の方は、お名前と電話番号とチケットの枚数を明記して下記の方までご連絡ください。
DUMB RECORDS/082-543-6334
予約MAIL:info@dumbrecords.com
http://www.dumbrecords.com/

9月6日よりチケット一斉発売!!!


the MICRAGIRLS ; "Show-Off"

"Show-Off"にもミクラ!



高円寺にお住まいの方なら絶対知ってる(よね?)ディープなフリーペーパー『Show-Off』。カテゴリーとしては《タウン誌》になるんでしょうが、“タウン誌”ってより、“カルチャー誌”と言いたくなるような濃厚さ。インタビューからディスク・レビュー、コラム、ローカル・ネタまで、毎号毎号いろんな話題を提供してくれます。今回の表紙もご覧の通りだし(前回は銀杏BOYZ!)、中には“松本人志・兄”さんのインタビューまで掲載されていたり……ロック色が強いのもまた高円寺ならでは。これが無料配布されてるってのが本当に凄いです!



あ。前振りが長くなりましたが、そんな素敵なペーパーの現在配布号に、ザ・ミクラガールズも登場しています! 中身はこんな感じ(素敵なデザイン!)。カラー1ページで掲載されています。今日『Show-Off』の事務所(?)からたくさんいただいてきましたので、VAMP!ブティックご利用の方に差し上げられれば――と思っています。ご興味ある方がいたら、教えて下さい! 現在絶賛配布中ですので、誰でも高円寺周辺のお店にてゲットすることは可能。ぜひチェックを!

the MICRAGIRLS ; "Feeling Dizzy Honey?!" @Tower Records Shinjuku

ミクラ日本盤、絶賛発売中!



ザ・ミクラガールズの日本盤『フィーリング・ディジー・ハニー?!』リリースから1週間が経過しました。みなさん、痺れるようなこのサウンド、もう体感していただきましたでしょうか?

昨日、ふらりとタワーレコード新宿店さんへ行ったところ、8階の1コーナーに(今日現在、書籍コーナー近くに設置されていましたよ)ザ・ミクラガールズがこんな具合に置かれていまして、全曲視聴できるように展開されていました!



いつも携帯しているのに、昨日に限って、うっかりデジカメを家に忘れてしまって……というわけで、今日再びお店へ行き、スタッフの方に許可を取った上で撮影させていただきました。それらがこの3枚です!



お店の方が、このアルバムにこんな素敵なコメントを書いて下さっていました。去年からもう何度となく聴いているのに、思わず全曲視聴してしまいましたよ。いや、さすがに1曲丸ごと聴いてはいませんけれど。

いつまで視聴することができるかは分かりませんが、新宿近辺にお住まいの方、新宿へよく行く方で、「ザ・ミクラガールズ、気になるぜ!」という方はぜひタワーレコード店内で視聴してみて下さいね♪ 少量ですが、リリース告知用フライヤーを店内に置かせてもらっていますので、そちらも要チェックです!

the MICRAGIRLS ; "Feeling Dizzy Honey?!" on SALE!!

ミクラの日本盤、本日発売!




本日、ザ・ミクラガールズ『フィーリング・ディジー・ハニー?!』がリリースされました! リフ・ランデルス好きも、ボビーティーンズ好きも、ニッキ・コルヴェット・ファンも、ラモーンズ・マニアも、60sガールポップに狂ってる方も、本誌を全部持ってるという方も、ノックアウトされること間違いなし!(願) みなさん、よろしくお願いします。

改めて、《応援コメント》を掲載させていただきます。

そう、私がガレージの女のコ達に求めているのは、バッド・ガールのサウンド・トラックって感じの、こういうサウンド! フィンランドから現われた彼女達は、思いっきりロックするためにここに立っている。だから、さあ、みんなもこのパーティに加わらなくちゃ。ザ・パンドラスとthe 5,6,7,8'sのちょうど中間にいて、その狂気に満ちたキーボードと共に、B級モンスター映画の音楽やロカビリー、そして60sガール・グループのサウンドが少しずつ響いてる感じ。徐々に分かってきたでしょ? シンプルな楽曲にファンなシンガロング。「Go Go Gorilla」のダンスを習うのが待ちきれない。私はすっかりメロメロよ!!ニッキ・コルヴェット

何がイカしているかを知りまくっているフィンランド人の彼女達からの最高に楽しい一撃を喰らう準備はできてるかい? ザ・ミクラガールズのアルバムを聴き終えれば、僕のブサイク顔ですら最高の笑い顔のまま死ねちゃったように、キミ達も笑い死にすること間違いナシ! おっと! 僕はもう何十年も前に死んじゃってるんだった(死笑)。ラッセル・クアン(ファントム・サーファーズ/フレークス/ボビーティーンズ他)

あの子が鍵盤鳴らしたら ズンタタ足が動いちゃう 
はじまるよ! ザ・ミクラガールズ・ライヴ
さっさとビール買って、最前列で踊ろう!
Johnny Natsuko Romane(ROMANES)

ガレージかぶれの、ちょっぴりワルでとびきりピュアなザ・ミクラガールズをご存知?! ねえ、トラッシュ! ロッキン! ロックンロール!に痺れてるあなた! フィンランドの3人娘が仕掛けた罠にはまってみてはいかが?!
石川浩子(DOLL magazine)

白夜のガールズ・ロックン・ロール! キュートかつレイジーなサウンドはフィンランドのヘッドコーティーズとも言えようか。ギター、ドラム、オルガン……ベースの代わりは我らの胸の鼓動がつとめることになることだろう。
恒遠聖文(ライター)

キュートなスカートをはいた3人の少女達が鳴らすロックンロールは、誰よりもナマイキで、僕らにウィンクひとつしないけど、スピーカーから流れるすべてのソングにきっと僕らは恋をする!!KAZU(disco TEENAGE KICKS)

かわいいgirls3人組がこんなにカッコいいsoundを!!! キュートでカッコよくて、そんな乙女ザ・ミクラガールズに憧れちゃうっ!!!Saki(SPANK!





ザ・ミクラガールズ
『フィーリング・ディジー・ハニー?!』
Peachy Doll Records
PDR-002CD
2.500円(税抜価格)
全16曲+「Teenage Tiger」PV1曲収録

●収録曲●
1「Let's Go!」 
2「Queen Of The Cavemen」
3「Leave My Kitten Alone」(Little Willie John) 
4「Lone Twister」(the Lone Twister) 
5「Catfight」 
6「Jungle Run」 
7「White Devil Of The Yellowstone」 
8「Go Go Gorilla」(the Shandells)
9「Teenage Tiger] 
10「My, My Micraboy」 
11「Lazy Hop」 
12「Rockin' Date」 
13「Saturday」 
14「Neki」 
15「What A Way To Die」(the Pleasure Seekers)  
16「Date At The Graveyard」 
17「 Teenage Tiger」(Video Clip)*Bonus Track

●ミクラのメディア掲載情報!●
DOLL magazine レビュー(発売中)
キーボード・マガジン レビュー(発売中)
DOLL magazine インタビュー(発売中)
ギター・マガジン ニュース (12月13日発売)
WHAT's IN? レビュー(12月14日発売)
クロスビート レビュー(12/18発売)
show-off/高円寺のフリーペーパー(12月15日配布開始)

●早速1つ訂正●
解説文の中に「今年の秋にザ・ゴー!チームとUKツアーした」 ――という下りがあるのですが、実際はツアーしていません!  ヘヴィ・トラッシュ(ジョン・スペンサーの別バンド)のみです。 「確かに、ザ・ゴー!チームからオファーを受けたけど、 お断りした」のだそう(その時期は別のバンドとツアーしているので、スケジュール的に受けられなかったのではないかと)。申し訳ありません。 解説原稿を入稿した直後に気づいたのですが、リリース日に間に合わなくなってしまうため、泣く泣くそのまま進行させていただきました。ここで訂正をさせていただきます!

the MICRAGIRLS ; media appearances-2

ミクラのメディア掲載情報2




ザ・ミクラガールズ『フィーリング・ディジー・ハニー?!』の発売も、いよいよ今週末となりました。タワーレコードでは何店舗かで視聴できるとか、できないとか……店内で見かけたらぜひ聴いてみて下さいね。タワーには全店流通していますので、もしも店内にCDがなかったとしても、注文していただければ入手は可能です。お店にじゃんじゃんリクエストして下さいまし。

さて、ミクラのメディア掲載情報に追加がありますので、お知らせです。みなさん、ぜひチェックを! 

ザ・ミクラガールズ メディア掲載情報!
DOLL magazine レビュー(現在発売中)
キーボード・マガジン レビュー(現在発売中)
DOLL magazine インタビュー(現在発売中)
ギター・マガジン ニュース (12月13日発売)
WHAT's IN? レビュー(12月14日発売)
クロスビート レビュー(12/18発売)
show-off/高円寺のフリーペーパー(12/15配布開始)





ザ・ミクラガールズ
『フィーリング・ディジー・ハニー?!』
Peachy Doll Records
PDR-002CD
2007年12月8日発売
全16曲+日本盤特典PV1曲収録

the RIFF RANDELLS"Doublecross"

リフ・ランデルスからメッセージ!



ダイアリーblogでは早々と載っけていましたが、こちらではまだでしたね。お願いしていた写真がバンドから送られてきたので、改めて掲載です。


リフ・ランデルス、待望のアルバム『Doublecross』! 04年の来日公演がパッと甦ってくるようですね。イキイキとしたポップ・ロックンロールが詰まっていて、ノリノリだし、ちょっぴり成熟した感じが伺えるのも嬉しいところ。本誌姉妹レーベルからリリースした編集盤『パーティーズ・アー・マイ・フェイヴァリット』(VAMP!ブティックで購入できます♪)に入っていた曲も、何曲か収録されています。リトルガールズのカヴァーは、本家リトルガールズのキャロンもお気に入りのようでしたよ。

というわけで、2日前に到着したキャシーからのメッセージです!
「9月にオレゴン州ポートランドのレーベル、Dirtnap Recordsから私達のアルバムがリリースされたの。そのアナログ盤は、ドイツのAlien Snatch Recordsから出てるわ。Dirtnap Recordsのスタッフから、“公式”の発売日前にファースト・プレスが完売したと聞かされた時は、私達は嬉しビックリだったわ! 新作を買ってくれたファンのみんな、本当にありがとう。私達は初めてのヨーロッパ・ツアーを終えて、帰国したところよ。もちろん、最高の体験だったわ。そこで出会ったロック・ファンが本当に熱狂的で、それこそ、日本のみんなのことを思い出させてくれるようだったのよ! また再び日本へツアーしに行くことを楽しみにしてるわ」


the RIFF RANDELLS
『Doublecross』
Dirtnap Records
ZZZ-71
1. Traitor Of The Heart
2. When He Looks At Me
3. Listen Up
4. Parker Place
5. All I Know
6. The Only One
7. When You Go
8. Nothing Without Me
9. Double Cross
10. Bandana (Little Girls)
11. Gotta Move On
▲top