AMP T SHIRTS STORE : 2013/07/17-18 @Koenji AMP cafe

JUGEMテーマ:音楽





昨日からスタートした『Tshirts Store』にVAMP!も参加しています。置いていただいているのは、VAMP!/CHICKS RIOT!/RIFF RANDELLS/SPAZZYS/ASTOR GIRL RECORDSなどのtee。高円寺AMP cafeにて。7/19(金)まで。入場無料だそうですので、ぜひ寄ってみて下さいね。PANORAMA FAMILYさんteeも見かけましたよ。

AMP cafe web

new address!

JUGEMテーマ:日記・一般


8/16から住所が変わります。


illustration meg

今月8月16日からVAMP!の住所が変わります。

音源やzine、イラストなどの作品、お知らせの送付はコチラまでお願いします。これまで通り、なるべく受取サインの必要ない郵便やメール便で送っていただけると助かります。

何卒よろしくお願いします。

Can buy VAMP magazine @NAGOYA FILE-UNDER

JUGEMテーマ:音楽


名古屋FILE-UNDERでも購入できます!





ちょっと今さら…なのだけど、念のためのお知らせ。

この春に発刊した本誌VAMP! issue 05、現在全国あちこちのレコードストアで置いていただいていますが、名古屋のFILE-UNDERさんでも結構前から取扱いただいています。FILE-UNDERさんではissue05だけでなく本誌バックナンバー、さらにPeachy Doll Recordsリリース作品までもすべて。というわけで、名古屋周辺の方はぜひ! そしてオンラインでもストア展開なさっていますので、全国どこからでも注文していただけますよ。

また、FILE-UNDERさんと言えば、店長さんが運営するKnew Noise Recordingsというレーベルがよく知られていますね。コマネチや現在来日ツアー中のBO NINGENなど多数のタイトルに続き、名古屋コンピ『Ripple』を今月7月にリリース。ニューウェイヴ、ノーウェイヴ、パンク、ポストパンク、サイケ…な個性派バンドが出揃っているこの作品、「アツい!」「濃ゆい!」と今かなり話題になっています。こちらの作品はVAMP!ブティックでも取扱していますよー。

どちらもこの機会にぜひ。


VARIOUS ARTISTS
『Ripple』 (CD)
Knew Noise Recordings (JPN)
KNR014
1,800円(税込)

Track List:
01. POP-OFFICE / Epicureanism
02. NicFit / creeps
03. ドロロニカ / ELECTRIC WASANBON
04. フリーダム / サイコー
05. SIKA SIKA / GIMME GIMME
06. 世界的なバンド / NEW
07. ZYMOTICS / I Am The Whole Chinese People
08. FREE CITY NOISE / PERMANENT TOUCHES
09. The Moments / Shining Eyes
10. 6EYES / BLANK IN FLAG
11. JUBILEE / FIEND
12. 石原ヨシト / ニューメキシコ ミッドナイト カウボーイ NO.1
(I don't wanna be killed by your romance any more)

VAMP! partyyy:issue05 release party(3)

JUGEMテーマ:音楽


etc :issue05 release party


photo:Ayumi Tsubouchi



photo:ai

3/9開催のVAMP! partyyy写真を、何点か追加。

改めて、ご来場のみなさま、関係者のみなさま、ありがとうございました!

DJ参戦してくれたレッツゴーズのココちゃん。
DJブースのデコ。文字は当日朝から制作しました。
『CHICKS RIOT! 2011 extra』の時同様にzine&グッズコーナーを設置。
こ場間もなくのエントランス。
Thanks,ai!

VAMP! partyyy:issue05 release party(2)

JUGEMテーマ:音楽


V/ORDER photos:issue05 release party







photo:Ayumi Tsubouchi

ちょっと間があいてしまいましたが…3月9日開催のVAMP! partyyyで最強のパフォーマンスを披露してくれたキラキラ80sポップユニット=V/ORDERのライヴ写真を。

音楽はもちろん、アートから衣装まで自分たちで作り出す、“中央線のチックス・オン・スピード”?! そんな風に言いたくもなる独創的なユニット=V/ORDER。ROLAKORPI(ロラコルピ)と MARRON(マロン)が繰り広げるステージには、いつだって“おもちゃ箱を引っくり返した”ようなポップさと賑やかさがあります。もちろん、この夜も然り(下のリンク映像参照)。自由でポップで底抜けの楽しさに包まれた彼女たちのパフォーマンスは、だからライヴというよりはパーティみたいなノリ。そして、音楽性はスウィートなメロディの乗るエレクトロポップ!と言いたいところだけど(いや、実際そうなんだけど)、同時にかなりロックンロールやパンクでもあります。チックス・オン・スピードやル・ティグラからTracy + The Plastics辺りに通じるサウンドをぶちまけつつフィーリングとして“それ”を出してしまうだけでなく、時にはモロにギターウルフの曲を流しながらステージ上でひたすら踊りまくったりもする。彼女たちの、そんな「好きなものは好きなんだよ!」という柔軟性のある“あたし流”なセンスが好きです。

さて、下のリンクは今回のVAMP! partyyyでの模様です。

ヴォーカルがフレンチなせいか、これはStereo Totalを思い出さずにはいられない! ちなみに、映像の中で本人たちも言ってますが、私の「坪内アユミ」コスプレ(?!)をしています(笑)。補足しておくと、上の写真で2人が黒ぶち眼鏡をかけているのも、私のコスプレをしているため。小道具にはVAMP!を登場させてくれてます。彼女たちの演出はいつもきめ細やか。



ちなみに、CHICKS RIOT! 2011 extraでのパフォーマンスはこんな感じでした(2011/11/15@高円寺AMP cafe)。

VAMP! partyyy:issue05 release party(1)

JUGEMテーマ:音楽


Thanks,VAMP! release party




















photo:Ayumi Tsubouchi

先日3月14日、無事にVAMP!最新号(issue05)発売されました。全国各地どこででも購入できるという代物ではないですが、ぜひ手に取っていただけたらと思います。VAMP!のネットストアでも入手可能ですので、近所で買えない!という方はぜひご利用下さい。hipBORNtwinさんの可愛いイラストが目印。今回は『CHICKS RIOT! 2011』を踏まえてN’夙川BOYS/THE GIRL/THE LET'S GO'S/KETTLESをフィーチャーしています。

さて、先週高円寺のギャラリー=AMP cafeにて一足先に本誌リリースパーティを行ないました。何かと忙しい金曜の夜にも関わらずたくさん集まっていただき(しかも雨の中)、ありがとうございました。改めてお礼を申し上げます。ご協力いただいた関係者のみなさま、本当に感謝(涙)。

3月9日、7時からスタートしたVAMP!新刊リリースパーティ。Meganeth(Style Band Tokyoのtomoくん&helmet underground & rikoによるDJユニット)、イアン・マーティン(Call & Response Records)、ココ(レッツゴーズ)、cherry bomb(Spank meのSakiちゃんと彼女の友人まいちゃんによるDJチーム)のDJあり、V/ODERのキラキラ・パフォーマンスあり、MeganethとしてDJもしてくれていたhelmet underground & rikoことrikoちゃんによる似顔絵屋さんあり、関口奈穂さんの小さな展示会あり…それからzineや.Iのハンドメイドグッズ販売、VAMP!最新号の先行発売を含めてのVAMP! shopも展開。そうだ、CHICKS RIOT!で何かとお世話になっているSHIBUYA GIRLS POP主宰の加藤カトリーヌさんが私にインタビューをして下さる形のトークショーもやったりと、3時間という短い時間ながら盛りだくさんの内容でお届けしました。

7時開始…というか、ぶっちゃけ7時前からすっかりオープン状態だったこの夜。フロアはアッという間に人々に埋め尽くされ、AMP cafeの窓はあまりの熱気で瞬く間に曇ってしまうほど(CHICKS RIOT!2011 extraの時もそうだったけど)。という盛り上がりを見せていただけに10時クローズのはずが…終演時間を軽く飛び越えてワイワイガヤガヤやっていたのですが、来場下さった方々の溢れんばかりの笑顔をたくさん見ることができたし、みなさんに「楽しかった!」と言っていただけたのが、主催者としては何より嬉しかったです。また、このパーティで先行発売していた本誌最新号もたくさんの方に手に取っていただきました。本当にありがとう!

V/ODERのライヴ写真や場内の様子を、次回また写真でお伝えしようと思います。今回はひとまずこれにて。

Photos;
'Welcome to VAMP! partyyy'。描いてくれたのはrikoちゃん。
DJトップバッターはMehaneth。当然2人とも眼鏡です。
VAMP!本誌にインタビューを掲載しているレッツゴーズ。ココちゃん(Vo/G)がこの夜はDJとして参戦してくれました。helmet underground & rikoによる似顔絵屋さん。お客さん第1号は、そのココちゃんでした。
V/ODERライヴ! 次回ライヴ写真をまとめてポストします。
V/ODER仕様のデコ。この夜もキラキラでしたよ。
Δ修V/ODERもrikoちゃんに似顔絵を描いてもらっていました。似てる! 
Г海量觧顔絵屋さんで忙しかったhelmet underground & rikoことrikoちゃん。お疲れさま!
┿A-Yummy!も似顔絵を描いていただきました。この夜rikoちゃん最後のお客さんは私でした。ありがとう♡
この夜はCHICKS RIOT!でもお馴染みのsteka and mjolさんも参加。VAMP!ケーキを焼いてきて下さいました。
こちらは非売品だったLOVE VAMP!クッキー。 あきこさん、ありがとう♡

VAMP! 05:'CHICKS RIOT!' issue release Partyyy! added info

JUGEMテーマ:音楽


3/9VAMP! partyyy追加情報!


by helmet underground & riko

先日お伝えした3/9開催VAMP! partyyyの続報です。

VAMP!誌面(編集後記)で私の似顔絵やページの挿絵を描いてくれたhelmet underground & rikoことrikoちゃんがこの夜はMeganethとしてのDJだけではなく、似顔絵やさん"Riko's tiny portrait shop"をやってくれることになりました。前回ポストした私の似顔絵も「似てる〜!」と大好評。rikoちゃんタッチの自分の似顔絵、ぜひ描いてもらって下さい。かなり感動しますよ。

それだけではありません。『CHICKS RIOT! 2011』にも参加してもらった高円寺の焼き菓子屋さんsteka and mjol、通称ステモジョさんのスイーツの販売。それから「.I」さんによるハンドメイド・アクセサリー&小物の展示販売も決定しました!(上の画像はhelmet underground & rikoによる「.I」のイメージ・ショット?!)

3/9のVAMP! partyyyは『CHICKS RIOT! 2011』extraの1週間をギュッと凝縮したような一夜になりそうです。みなさん、ぜひお友だちと一緒に遊びに来て下さいね。もちろん、1人でも! 『CHICKS RIOT!』extraの時も不思議とかなりフレンドリーな空間だったんですよね。安心して1人でもお越し下さい。そして、どんどん交流してっていただけたらと思っています♪

VAMP! new issue : 2012/3/14 release!

JUGEMテーマ:音楽

VAMP!最新号、3月発売決定♪


VAMP! issue 05
"CHICKS RIOT!" issue
2012年3月14日発売
525円(税込価格)
ISBN 4-903232-02-6 C0073 ¥500E
◎本誌は下記ディストリビューター2社を利用しています
CR JAPAN
地方小出版流通センター


先にツイッターで発売日のみを発表しましたが、VAMP! 最新号の発売が決定しました! 何と5年ぶり。

本誌最新号のリリースは3月14日のホワイトデー。

今回の表紙はこんな感じです。

さて、今回は予告通り、"CHICKS RIOT! issue"となっています。

「『CHICKS RIOT!』誕生とその背景について」を踏まえつつ、『CHICKS RIOT! 2011』を大フィーチャー。ライヴで参加していただいたN'夙川BOYS/THE GIRL/KETTLES/THE LET'S GO'Sのインタビューを主軸にライヴレポや写真も掲載。

その他、コラムでは2010年から『CHICKS RIOT!』に関わっていただいている渋谷発ガールズ・カルチャー / SHIBUYA GIRLS POP主宰の加藤カトリーヌさんやtwee grrrls club代表のsumire tayaさんが参加。さらにディスクレビュー、本誌でお馴染み、イタリア人イラストレーターのルカ・ティエリと私(坪内アユミ)のコラボ・コミック第2弾(第1弾はissue01改訂版に掲載)もバッチリと読むことができます。

前号issue 04よりもページ数こそ少ないけど、いつも通り濃ゆい内容に仕上がりです。ちなみに前号と異なるのはページ数だけではなく、その仕様も。その辺も含めて、いろいろご期待下さい。

本誌最新号の目印はhipBORNtwinさんによるイラスト。『CHICKS RIOT! 2011』のメインアートとして使用したイラストをそのままカヴァーにしてみました。本誌としては初めての試みとなる、イラストによる表紙です!

タワーレコードやディスクユニオンの各店など各地で購入できるはず。みなさま、よろしくお願いします〜♪

VAMP! in Q-Pop

JUGEMテーマ:音楽


VAMP!が密かにLA進出?!


VAMP!マガジンのバックナンバーたち。LAにある素敵ショップQ-Pop店内でこんな風に置かれています!


ちょっと引いてみた図。


もうちょっと引いてみた図。奥のてっぺんにいます! 店主のクリスさん&Caro、ありがとう!


レジ横にはCHICKS RIOT!2010に参戦してもらった玉石佳世さん、そのほか今井杏さん…Raykaさん?のポスタカードもある!


ブライスもいるー。


009もあるー。


店内風景その1。


店内風景その2。


Q-Popの外観。素敵ですね! LAのダウンタウンにあるそうですよ。all photo by Sweet Street,Thanks!

いきなりですが、VAMP!マガジンが密かにLA進出。何ていうと大袈裟だけど、要するにLAにあるクールなショップ=Q-POpさんで取り扱いしていただけることになりました。

VAMP!マガジンの全バックナンバーとVAMP!とCHICKS RIOT!のtee、バッヂ、バッグ…のすべてが販売スタートしております。って、日本語サイトで発表してもあまり意味ないかもだけど。

さて、今回のコトの始まりは、今年頭にVAMP!webを通してコンタクトしてきてくれた“LA在住キュレーター”Caro(Sweet Street)との出会い。まずはweb上で何度も連絡を取り合い、春に初対面→秋にはLAからわざわざCHICKS RIOT!を観に来てくれ(成田空港から高円寺HIGHに直行して来てくれました!)再会。私のやっていることに共感してくれている彼女はその帰国時に袋一杯に私の製作したグッズと雑誌を背負って帰ってくれたのでした(その際にいろいろヘルプしてくれたemiさんにも感謝!)。

そんなこんなで彼女の知り合いが経営しているという素敵ストア=Q-Popさんでの販売展開が実現したというわけです。それだけでも嬉しい出来事なのに、渋谷ガールズポップ所属のイラストレーターさんのグッズやブライス、アトム…日本のクールな作品や商品たちと共に置いていただけているなんて本当に光栄。どんな方々がVAMP!マガジンやグッズを手に取ってくれるのか、非常に気になります。

と書きながら、VAMP!を出し始めた頃からラッセル・クアン(マミーズなど)に「僕たちは日本のクールなバンドの情報をもっともっと欲してるんだ! 英語版も作るべきだよ〜!」って言われてことをふと思い出しました。そりゃ作れるものなら作りたい! けど、今は英語版ってより、現在育児休暇中の通常版VAMP!最新刊を作ることがまず先だな…。

話を戻して。アメリカでVAMP!マガジンやVAMP!&CHICKS RIOT!関連グッズを置いてくれているQ-PopはLAのダウンタウンにあります。もしも行くことがあったらぜひ立ち寄ってみて下さい or LAのお友達に教えて上げて下さいね! てか、自分自身がここへ行きたい。

今回いろいろヘルプしてくれたCaro、本当にありがとう! このページで掲載した写真もすべて彼女によるものです。Thanks,Caro!!!

ちなみに、Caroは自身のブログでCHICKS RIOT!2010のことも紹介してくれています。いろいろ反応&問い合わせがあったそう。す、すごい!

from VAMP! boutique

プレゼント企画実施中!



年末にVAMP!のbouti-log(=ブログ)でアップしましたが、只今VAMP!ブティックにてプレゼント企画を実施中です! リフ・ランデルスのサイン入りポスター(上の写真参照)などを抽選でプレゼント。たくさんのご応募お待ちしています〜♪ 

詳細はこちらで→VAMP!のbouti-log
▲top